研究について

研究分野

画像処理技術に関する基礎・応用

バイオメトリクスシステムの開発および画像情報応用,リモートセンシングおよびヒューマンセンシング,故障診断に関する研究


バイオメトリクスシステムの開発、画像情報応用・保護、ヒューマンセンシング、リモートセンシング、故障診断などに関する研究を行っています。例えば、高度なマンマシンインタフェースを実現するために、発話に伴う口の動きに着目し、個人認証や発話内容の識別、発話者の感情を推定する技術、並びに顔表情認識の研究を進めています。また、ヒトの感性や視覚特性を考慮し利用者に優しいシステムを構築するために、感性情報を画像処理技術に組み込んだ処理法の開発や、標識や看板の認識法の開発を行っています。さらに、環境モニタリング、防災や減災に役立てるために、人工衛星などから取得されたデータの解析技術の開発を行っています。

景山研究室 »

人間支援技術に関する基礎・応用

世界的にも類を見ない高齢化先進県である秋田県の地の利を生かした超高齢化社会に必要となる科学技術に関する研究


ヒトの知覚・認知・運動特性を踏まえた人間支援技術に関する研究を行っています。例えば、高齢歩行者が安全に車道横断を体験できるように、また、事故に遭いやすい高齢者のヒューマンファクタを明らかにするために、バーチャルリアリティ技術とモーションキャプチャ技術を利用した歩行者用の車道横断体験装置“歩行環境シミュレータ”の開発を行っています。また、手術を支援するための検査機器の開発、悪性腫瘍を治療するための誘導加熱によるハイパーサーミアなどの研究に取り組んでいます.さらに、複雑で繊細な手指の動きを計測できる高速・高分解能な手指用モーションキャプチャ装置を行い、熟練者の技をディジタルデータとして記録し、技能を継承するための取り組みを推進しています。

水戸部研究室 »

情報ネットワーキング技術に関する基礎・応用

ネットワークの最適化、トラフィックデータ分析、センサーネットワーク、インター ネット通信と応用に関する研究


ネットワークの最適化、トラフィックデータ分析、インターネット通信と応用に関する研究を行っています。例えば、インターネットを流れる情報をリアルタイムに解析し、トラフィック特性変化を検知するため、トラフィック事象の変化に対する自己相似性についての解析、異常なトラフィックを早期に検知するための評価量の検討、並びにネットワーク管理・運用支援システムの開発に関する研究を行っています。また、トラフィックをどのようにネットワーク内で流すのがよいかを検討するトラフィックエンジニアリング、災害時のネットワーク特性分析のためのマルチトポロジ手法、並びにセンサーネットワーク端末を長時間稼働させることを検討するグリーンアドホックネットワークについての検討を行っています。

橋本研究室 »

その他