先輩からのメッセージ

卒業生から

「自分の可能性を広げる」

現在、皆さんが普段から使っているスマートフォン等の移動通信ネットワークを支える仕事をしています。今スマートフォンは連絡や娯楽としてはもちろんのこと、生活に欠かせないものとなっており、特に災害が起きた際の情報入手方法の一つとして、とても重要な役割を担っています。私は、このような生活に直結する重要な業務ができることに、日々やりがいを感じながら仕事をしています。人間情報工学コースでは、ヒューマンインターフェースや画像処理、セキュリティなど幅広く学ぶことができるため、皆さんの“好き”にきっと出会うことができ、その“好き”に没頭することができます。趣味や興味から知識を増やし、将来の可能性を広げることができるのは今しかありません。是非、チャンスをつかんでください。

株式会社ドコモCS東北 松谷里沙子
2016年度情報工学科卒業・2018年度情報工学専攻博士前期課程修了


在校生から

「必要なものはやる気と興味」

「人間と情報工学?そんなの無関係でしょ?」なんて思っていませんか?実は、私たちの暮らしは情報工学のおかげで年々便利になっています。私は入学するまでプログラミング等の知識がなく不安でしたが、授業では先生や先輩方が細かく教えてくださり、徐々にわかるようになりました。自分で作ったプログラムが正しく動いたときは達成感を感じます!プログラミング技術をはじめ、情報技術はこれからもずっと必要になり、発展していくはずです。先生方もさまざまな分野の研究をしており、とても興味深いコースです。私のような女子も年々増えてきています!自信や知識がなくても大丈夫!やる気や興味のある方はぜひ人間情報工学コースへ!

人間情報工学コース 3年 榎本 愛 (秋田県出身)
2017年4月

「仕組みを考える人になる」

 人間情報工学、あまり耳にしない言葉ですよね。しかし情報機器と人をつなげることで私たちの生活はより良いものになります。実際に情報機器が私たちの代わりにお金の計算や目的地までのルート検索などを行ってくれます。その一方で情報機器は、人が命令をしなければ動作しません。私たちが普段使っているスマートフォンのアプリや駅の券売機なども、あらかじめ開発者がその動作を事細かに命じているからこそ違和感なく使うことができます。すなわち、情報機器を便利なものとして活用するためには、どのように動くのかという仕組みを考える必要があります。
 人間情報工学コースでは、情報処理に関する知識を基礎から応用まで学びます。大学3年生までは仕組みの基になる知識を学び、大学4年生では研究室に所属し、研究という形で新たな仕組みを考えることができます。情報機器が実際にどのようにして動作しているのかを学び、その学んだ内容は研究を通じ社会に還元できます。あなたは今の生活で「こうなったらいいのに」と思うことはありませんか?人間情報工学コースはその思いを実現するコースです。

大学院理工学研究科 人間情報工学コース 博士前期課程1年 遠藤賢太
2016年4月

「やる気から本気へ」

 私はコンピュータサイエンスやプログラミングに興味があり、このコースへと進学しました。コンピュータやゲームに多く触れたことがこの分野へ関心を持ったきっかけです。入学する前からモチベーション(やる気)はあったものの、知識は皆無でした。また、プログラムのソースコードは一見すると英数字の羅列です。英語が苦手な人は見ただけで気持ち悪くなるかもしれませんし、数学が苦手な人はもしかしたら辟易してしまうかもしれません。しかし、そんなことはありません。何も備えのなかった私でさえプログラムをすぐに書けるようになりました。今も素敵な先生方や先輩達のお陰で気持ち良く授業に取り組めています。少しでもこのコースに惹かれるあなたは是非、やる気を本気にコンパイル!

人間情報工学コース2年次 芳野光
2015年4月