情報処理学会第84回全国大会で発表します。

情報処理学会第8回全国大会 〜変わる社会と情報処理〜
主催:情報処理学会
共催:愛媛大学
後援:愛媛県、愛媛県教育委員会、全国高等学校情報教育研究会
日程:2022年3月3日(木)~5日(土)
会場:愛媛大学城北キャンパスおよびオンライン(ハイブリッド開催)

  • 「八郎湖を対象とする人工衛星データおよび水深情報を用いたニューラルネットワークによる水質状況推定」
    松井 解(博士後期課程3年、景山研究室)
  • 「文章の読み速度および視線の動き特徴を用いた難読領域検出に関する検討」
    伊藤 悠大(博士前期課程2年、景山研究室)
  • 「故意表情および自然表情を対象とした顔表面温度の比較」
    山田 真奈(博士前期課程2年、景山研究室)
  • 「材質が異なる布特徴に着目した色推定」
    渡邊 成美(博士前期課程2年、景山研究室)
  • 「高齢者を対象とするeスポーツ実施時の顔色解析」
    菊地 亮太(博士前期課程1年、景山研究室)
  • 「柔軟な倉庫レイアウトを考慮した物流における巡回経路導出法の検討」
    杉原 海斗(博士前期課程1年、景山研究室)
  • 「表情認識の精度向上を目的とした適応学習法に関する検討」
    高松 未佳(博士前期課程1年、景山研究室)
  • 「CNN-LSTMを用いた顔画像による発話内容推定に関する基礎検討」
    本田 悠将(博士前期課程1年、景山研究室)
  • 「高齢者を対象とするeスポーツ実施時の顔面皮膚温度解析」
    三浦 有沙子(博士前期課程1年、景山研究室)
  • 「道路ライブカメラを対象とした車両追跡に関する基礎検討」
    齋藤 大河(学部4年、景山研究室)
  • 「柔軟かつ低コストな歩行ルート分析のための分節化GPSビッグデータ構築プロセスの提案」
    佐々木 一織(博士前期課程2年、有川研究室)
  • 「ジオフェンスに基づく高実用性インドアARナビゲーションの提案と開発」
    大場 康平(博士前期課程1年、有川研究室)
  • 「室内ARを用いた視覚的動的ガイド表現の設計と分析」
    吉良 翼(博士前期課程1年、有川研究室)
  • 「都市空間の場所スケールを考慮した指向性ジオフェンスの提案と評価」
    武田 里音(博士前期課程1年、有川研究室)
  • 「歩行者の閲覧行動解析に基づいた掲示板関心度推定手法の検討と実装」
    丹野 圭太(博士前期課程1年、有川研究室)
  • 「AR空間における仮想マップの遠隔広域表示とサイズ変化補正の実装 -GPSおよびオブジェクトの相互位置によるポジショニング-」
    永石 明日斗(博士前期課程1年、有川研究室)
  • 「同一空間内における感染拡大シミュレーションの試作とヒト動きモデルの検討」
    和光 佑紀(博士前期課程1年、有川研究室)
  • 「カメラ空間認識によるAR空間の不安定を解決する簡易安定平面構築ツールの提案と実装」
    杉山 拓海(学部4年、有川研究室)
  • 「共有可能な拡張現実感における位置駆動画像を用いた空間表現とその活用」
    藤原 稜大(学部4年、有川研究室)